痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

偽痛風とは

偽痛風とは、発作の症状が痛風に似ている事から名付けられた病気です。痛風のように結晶誘発性関節炎を引き起こしますが、尿酸結晶以外の結晶が沈着する病態を総称して偽痛風と呼びます。偽痛風は、主にピロリン酸カルシウムによる軟骨の石灰化を伴うことから、軟骨石灰化症とかCPPD結晶沈着症(ピロリン酸カルシウム結晶沈着症)と呼ばれます。

痛風が男性に圧倒的に多いのに対して、偽痛風では女性にやや多いといわれたりしますが男女差は殆どないようです。また、偽痛風を発症する好発年齢は、痛風よりも高い60~80才の高齢者です。偽痛風は高齢になるほど頻度が増しますが、無症候性(無症状)のCPPD結晶沈着症もあるため、偽痛風の正確な発症頻度は把握されていないようです。

偽痛風の主な症状は急性・亜急性関節炎による痛みと発熱ですが、発熱がないこともあります。偽痛風の症状が現われる部位は大きな関節で、約半数は膝関節、つづいて手・足・股・肘関節などの関節です。偽痛風の治療としては、偽痛風を完治させる決定的な治療方法がないため対症療法が主体になります。偽痛風の経過としては、関節の変形が進行して変形性関節症の移行することが多いです。ただ、痛風のような発作の慢性化や痛風特有のやっかいな合併症の心配はないようです。

※偽痛風(pseudogout)はピロリン酸カルシウム結晶沈着症(Calcium pyrophosphate dehydrate (CPPD) crystal deposition disease)の種々の臨床症状の一つです。CPPD結晶沈着症は、偽痛風(仮性痛風)・偽性関節リウマチ・偽性変形性関節症・偽性神経障害性関節症などのタイプに分類されていますが、無症状のタイプもあります。

※結晶誘発性関節炎とは、関節の滑膜や関節腔に結晶が析出沈着して引き起こされる関節炎です。結晶成分としては、痛風の尿酸ナトリウム結晶や、偽痛風のピロリン酸カルシウム二水和物(CPPD:calcium pyrophosphate dihydrate)結晶のほかに、塩基性リン酸カルシウム結晶(ハイドロキシアパタイト結晶)・シュウ酸カルシウム結晶・ステロイド結晶などがあります。

 - 偽痛風の原因症状治療

PC用

PC用

  関連記事