痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

尿酸値が高いと言われたら

血清尿酸値が基準値を超えていたら、いつ痛風の発作が起こっても不思議ではありません。尿酸値が高いと言われたら、尿酸値を下げる対策を講じて、痛風の予防対策をしましょう。

高尿酸血症・痛風の原因の尿酸のもとはプリン体で、プリン体は暴飲暴食・遺伝体質・ストレス・運動不足・激しい運動・肥満などで増えてしまいますから、尿酸値を下げるには、これらをできるだけ避けることになります。

尿酸値が高いと言われたら、生活習慣の改善が大切になります。食事療法、飲酒制限、運動の推奨が高尿酸血症の生活指導の中心になります。食事療法では、適正エネルギーの摂取・プリン体の過剰摂取制限・尿を酸性化を促がす食品の制限、十分な水分補給が指導されます。運動については、血清尿酸値に影響せずに高尿酸血症に合併しやすい病気を改善するために有酸素運動が推奨されます。

尿酸値を下げる日常の心得

  • 肥満を解消。食事の全体量を減らしてカロリーを抑えます。
  • プリン体が多い食品を控えます。
  • アルコール飲料を控えます。禁酒原則。休肝日を。。。特にプリン体を多く含むビールは控えましょう。
  • アルカリ性食品を積極的に摂ります。尿をアルカリ化する野菜を積極的に食べましょう。
  • 水分を十分に摂取します。尿酸を体外に排泄するのに大目の水分が必要です。
  • 軽い運動をします。ウォ-キングなどの有酸素運動は尿酸値を上げず、痛風の人に多い高血圧などの合併症にも有効です。運動性高尿酸血症に注意。
  • 自分にあったストレス解消法でストレスを緩和します。

 - 痛風の予防生活

PC用

PC用

  関連記事