痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風発作の季節・時期

痛風発作は季節に関係なく、年中起こる危険性があります。季節や時期によって痛風の発作が起きやすい原因に傾向が見られます。痛風になりやすい季節は、夏季が最も多く、次いで秋冬です。暑い夏の季節は発汗によって尿酸値が上がり、尿酸結晶の析出は低温で起こります。痛風発作は食事や飲酒といった日頃の生活習慣が大きく影響するところから、暴飲暴食に陥りやすい年末年始や春も痛風の発作が起きやすい時期として注意が必要です。

季節や時期による痛風発作が起きやすい傾向を考慮して、高尿酸血症・痛風の予防対策をしましょう。

痛風の発作を経験していなくとも長年高尿酸血症ならば痛風予備軍です。そして、痛風発作の経験者で何も予防対策をしていないならば、痛風が再発しやすい状態です。

季節別でみる痛風発作

 春の痛風発作

春は、新人歓迎・送迎会・花見といった行事など、意外とお酒の席の多い季節です。また異動や転居など新しい環境の中でストレスも溜まりやすい時期です。この季節は夏季・年末年始に次いで痛風の発作が起きやすい季節・時期のようです。

 夏の痛風発作

夏は最も痛風発作が起きやすい季節・時期です。盛夏にむけて7月頃から痛風発作が増えます。暑さで体内の水分は汗として体内に排出されますが、発汗では尿酸は殆ど排出されません。結果、血中の尿酸の濃度が高まり、尿酸値が上がります。

 秋の痛風発作

夏に大量の汗をかいて尿酸値が高めの状態が続き、秋に入って痛風発作を起こすことがあります。また、味覚の秋、食欲の秋は高尿酸血症・痛風には好ましくない食材もふえてきますから、暴飲暴食には注意が必要です。

 冬の痛風発作

冬は、寒さによる血行不良で、痛風発作を起こしやすい状態です。プリン体いっぱいの冬の鍋物、運動不足、などが痛風発作の引き金になります。年末年始の暴飲暴食には注意が必要です。

 - 痛風の予防生活

PC用

PC用

  関連記事