痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

プリン体の多い・少ない食品

高尿酸血症・痛風の治療の中で、食事療法は治療の基本で、プリン体を多く含む食品を控えて、栄養バランスのよい食事が指導されます。尿酸の元になるプリン体の量は、体内で作られる方が食事からよりもはるかに多いです。とはいえ、高尿酸血症・痛風の人の食生活を見ると、プリン体を多く含む食品を好んでよく食べている傾向があります。

高尿酸血症や痛風になったら、基本的にプリン体の多く含まれる食品の摂取を控える、といった食事習慣に改めることが大切です。尚、健康食品にもプリン体の多い物がありますので、身体に良いと思っていても、プリン体という点では注意が必要です。DNA/RNA, ビール酵母、クロレラ、ローヤルゼリーなどの健康食品です。

「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」では、プリン体含有量によって食品が分類されています。極めて多い、多い、少ない、極めて少ないの4分類です。

  • 極めて多い(300mg以上)
    鶏レバー、白子、あんこう肝、かつお節、煮干し
  • 多い(200~300mg)
    豚レバー、牛レバー、カツオ、エビ、さんま干物
  • 少ない(50~100mg)
    豚ロース、牛肩ロース、牛タン、ウナギ、ワカサギ、マトン、ボンレスハム、プレスハム、ツミレ、ほうれん草
  • 極めて少ない(50mg以下)
    じゃがいも、米、パン、うどん、そば、果物、ひじき、わかめ、こんぶ コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼きちくわ、さつま揚げ、カズノコ、スジコ、豆腐、牛乳、チーズ、バター、鶏卵、とうもろこし

 - 痛風の食事

PC用

PC用

  関連記事