痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風予防に牛乳・乳製品

牛乳(特に低脂肪牛乳)や乳製品(チーズやヨーグルト)が高尿酸血症を改善し痛風を予防するとされています。牛乳はプリン体が極めて少ないアルカリ性食品ですので、高尿酸血症・痛風の改善予防におすすめです。

牛乳や乳製品が痛風発作を減らす理由としては、牛乳に含まれるカゼインとラクトアルブミンというタンパク質が、腎臓からの尿酸の排泄を促して、尿酸値を下げるとされています。「牛乳を飲むとお腹が・・・」という人は、牛乳に比べて下痢を起こしにくいヨーグルト(発酵乳)を食べてみてはどうでしょう。

牛乳を原料にした乳製品のなかでも、チーズやヨーグルトは良質のタンパク質、脂質、カルシウム、ビタミンA・B群など多くの栄養素がバランスよく含まれており、乳酸菌の発酵により消化吸収も優れています。
ヨーグルトなら低脂肪タイプのプレーンヨーグルト、チーズなら高たんぱく・低脂肪・低カロリーのカッテージチーズがおすすめです。
とはいえ、エネルギー摂取過剰気味の肥満が気になる人は注意が必要です。牛乳や乳製品の飲み過ぎ・食べ過ぎば肥満や高コレステロール血症などの原因になってしまいます。高尿酸血症・痛風の食事療法の有用な食材として牛乳・チーズ・ヨーグルトを食事に上手く取り入れましょう。

※チーズにはプロセスチーズとナチュラルチーズがあります。ナチュラルチーズはアルカリ性食品でプロセスチーズは酸性食品です。プロセスチーズは熱処理がされるため保存性が高いのですが、加工過程で加えられる添加物により酸性食品になってしまいます。

 - 痛風の食事

PC用

PC用

  関連記事