痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風と高プリン体野菜

食品のプリン体の含有量をみると、野菜などの植物性の食品は全体的にプリン体が少ないものの、野菜の中では、ほうれん草・ブロッコリー・カリフラワー・キノコ類などは高プリン体野菜(プリンリッチベジタブル)と呼ばれており、比較的プリン体の多い野菜になります。

高尿酸血症・痛風の食事としては、プリン体含有量の多い食べ物を控えることになっていますが、高プリン体野菜(プリンリッチベジタブル)は痛風発作を起こしにくい食べ物で、殆ど影響しないことがわかっています。野菜は、低エネルギーで、ビタミンやミネラルを多く含むアルカリ性食品であることも多く、生野菜や温野菜として積極的に食べることをおすすめします。大豆加工品や低脂肪乳製品などの食品の継続的な摂取は痛風の予防になるという報告もあります。栄養バランスの良い食事を考慮して、尿路管理に有用なアルカリ性食品の野菜や、乳製品・魚・大豆といった良質のタンパク質を上手く食事に取り入れて痛風を予防しましょう。

プリン体が水に溶けやすい性質を利用した料理方法を考えるのも良いです。例えば干し椎茸は高プリン体食品とされていますが、煮るとプリン体が煮汁の中に出て干し椎茸そのもののプリン体は大きく減少します。また、ほうれん草を小魚と一緒に食べるとプリン体を吸収しにくくなるといわれています。

 - 痛風の食事

PC用

PC用

  関連記事