痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風に良い食べ物

高尿酸血症・痛風に良い食べ物といっても、尿酸値を直接下げる食品はないのですが、アルカリ性食品を積極的に摂ることが推奨されます。アルカリ性食品は高尿酸血症・痛風に良い食べ物といえます。尿酸は尿のpHバランスが中性からアルカリ性に傾くほど溶けやすく尿酸を体外に排出しやすい状態になり、結果的に尿酸値を下げることが期待されます。

尿が酸性の状態では尿酸が結晶化しやすいため、尿をアルカリ化することは尿路結石を予防する尿路管理になります。酸性食品(肉類、魚介類、穀類、卵黄など)を食べ過ぎると尿は酸性に傾きますから、アルカリ性食品を摂ることで本来の弱酸性状態の尿に戻すことが大切になります。

痛風に良い食べ物とされるアルカリ性食品としては、野菜類、果物類、海藻類、きのこ類、豆類、いも類が挙げられます。すっぱいからといって酸性食品とは限りません。梅干やレモン、クエン酸はアルカリ性食品です。豆類は酸性食品とアルカリ性食品の両方がある食べ物です。牛乳は中性に近いアルカリ性食品が、チーズになるとナチュラルチーズはアルカリ性食品でプロセスチーズは酸性食品です。鶏卵では1個の全体はアルカリ性食品ですが、卵白はアルカリ性食品で、卵黄は酸性食品です。

アルカリ性食品か酸性食品かは、生体内で食品が燃焼した結果が酸性かアルカリ性かによって決まります。ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが多ければアルカリ性に傾きます。
一般的に、穀類はリン酸分が多いので酸性に、野菜や果物ではカリウムが多いのでアルカリ性になります。因みに、痛風に良い食べ物だからといってアルカリ性食品ばかりを食べるのは論外です。栄養バランスのとれた適正カロリー内の食事が大切です。

※高尿酸血症で併発しやすい尿路結石は尿酸を主成分とした結石です。尿路結石の約8割はシュウ酸カルシウムが主成分の結石です。ほうれん草や青菜などはシュウ酸を多く含みますから尿路結石になりやすい人は注意が必要です。

 - 痛風の食事

PC用

PC用

  関連記事