痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

高尿酸血症の治療薬

痛風発作の痛みや炎症が治まっている時こそ、尿酸値をコントロールする時期です。痛風発作が治まったら、医師に相談して尿酸値を下げる尿酸降下薬による治療が必要かどうか判断してもらいましょう。
飲酒の制限や食事療法などの生活習慣の改善を行っても尿酸値のコントロールができず8.0~9.0mg/dLを超えている場合には、尿酸降下薬で尿酸値を下げて尿酸値をコントロールする治療が必要と判断されるようです。

血清尿酸値を下げて尿酸をコントロールする薬(尿酸降下薬)は痛風発作を誘発しないように最少量の服用から開始されます。尿酸降下薬には、尿酸産生阻害剤と尿酸排泄促進剤とがあります。
尿酸産生阻害剤は尿酸産生過剰型の患者に、尿酸排泄促進剤は尿酸排泄低下型の患者に用いられます。産生過剰型か排泄低下型、また混合型かの鑑別は尿中尿酸排泄量によります。

尿酸産生阻害剤としてはアロプリノールという化学名を持つ薬(商品名:ザイロリックやアロシトールなど)が、尿酸排泄促進剤としてはベンズブロマロン(商品名:ユリノーム)やプロベネシド(商品名:ベネシッドやプロベネミドなど)などの薬が代表的です。

尿酸排泄促進剤は、腎臓から多くの尿酸を出すことを促がす薬で、尿が酸性の時は尿路で結石ができやすいため、十分な水分補給で尿量を増加させることが重要で、尿をアルカリ性に保つために尿アルカリ化剤(ウラリットなどのクエン酸製剤)を併用することが多くなります。これらの薬は尿酸値を下げる薬ではありませんが、尿路結石を予防したり腎障害の改善に役立つ薬です。

定期的な検査で尿酸値をチェックして尿酸を継続的にコントロールすることが重要で、適切な薬の服用が痛風発作や合併症の予防になります。

 - 痛風の治療

PC用

PC用

  関連記事