痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風の治療薬

痛風発作の激痛の原因は急性関節炎によるものですから、痛風の発作が起こったときの治療は、消炎鎮痛薬とよばれる抗炎症薬や鎮痛作用のある薬を使用して、炎症を抑えて痛みを軽減する治療が優先されます。

発作時の痛風の治療薬としてはインドメタシンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が主に使われます。痛風発作の極期では短期間に比較的大量の薬を使用し、痛みが軽減されてきたら使用量を減らし、痛みが消えたら使用を止める、といった治療方法になります。
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は腎臓機能が低下していたり胃潰瘍の治療をしている場合には使えません。胃が弱い人には内服薬でなく座薬を処方する場合があります。非ステロイド性抗炎症薬が使えなかったり、効果が見られない場合に副腎皮質ステロイド薬の内服または注射がありますが、重症のケースに限られており一般的な痛風発作には使用されないようです。

コルヒチンは痛風発作を未然に防いだり軽減することを目的とした痛風の治療薬としては特効薬といえます。ただ、痛風発作を抑えるには、痛風の前兆期や痛風発作のごく初期にコルヒチンを服用する必要があり、激痛になってからではあまり効果がないようです。
多量に飲むと出現すると吐き気や腹痛・下痢などの胃腸障害の副作用や、激しい痛みがでた後に医師の診察を受けることが多いこともかさなって、コルヒチンが処方される頻度は減少し、最近では非ステロイド抗炎症剤が中心になっています。

いずれの薬治療においても、服用量・服用回数など医師の注意や指示を良く守ることが大切です。痛みを我慢できないからと薬を飲みすぎると副作用が心配されます。

 - 痛風の治療

PC用

PC用

  関連記事