痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風の薬物療法

高尿酸血症・痛風の薬物療法としては、痛風発作(急性痛風関節炎)に対する薬治療と、高尿酸血症のコントロールのための薬治療があります。

痛風発作(急性痛風関節炎)に対する薬としては、痛風発作の予防や軽減を目的とした薬や、消炎鎮痛剤と一般的に呼ばれる非ステロイド系抗炎症薬があります。痛風発作は急性関節炎ですから抗炎症薬が効果的で、痛風の発作期は痛みと炎症をとる治療が優先され非ステロイド系抗炎症薬が中心になります。痛風発作が起きた場合は適切な鎮痛療法が必要です。
痛風発作を起こした場合は、できるだけ早急に医師の診断を受けて適切な鎮痛療法の治療をおすすめします。アスピリン系の薬はかえって症状を悪くしたりしますから、自己判断で痛み止めの薬を服用は要注意です。

痛みも炎症も治まった間欠期に血清尿酸値をコントロールする治療が行われます。食事療法などの生活習慣の改善でも尿酸値のコントロールができない場合に、尿酸コントロール薬での薬物療法が検討されます。痛風の発作時に血清尿酸値を変動させると発作が増悪することが多いため、痛風の発作中は尿酸降下薬を開始しないことになっています。

尿酸を下げる薬(尿酸コントロール薬)には、尿酸産生阻害剤と尿酸排泄促進剤とがあります。尿酸コントロール薬による薬治療はかなり長期間続けることが必要で、大部分が一生涯続けることになるようです。医師の指示をよく守り薬を服用することが大切です。痛風発作を起こしたことがある人では、尿酸降下薬の飲みはじめに体内に溜まった尿酸が溶け出して痛風発作が起こりやすくなることがあるようです。尿酸降下薬の服用中に痛風発作を起こした場合も、早急に医師の診察を受けることが重要です。

 - 痛風の治療

PC用

PC用

  関連記事