痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

尿酸値の正常値とは

尿酸値の正常値は医療機関によって設定している範囲が少し違います。健康診断、人間ドック、住民検診の検査結果を見ると、尿酸値の正常値としての範囲はわずかに異なるのですが、これら尿酸値の正常値の範囲表示はあくまでも目安としての参考値くらいに捉えていても良いようです。

ただし、高尿酸血症と診断する基準値としては、性別や年齢に関係なく、尿酸値7.0 mg/dlを正常値の上限として、これを超えるものを高尿酸血症としています。7mg/dlを超えていれば治療対象になり、尿酸値8mg/dl超は要注意、9mg/dl超で痛風発作の危険度が高まります。
健康診断などの血液検査結果で血清尿酸値が7mg/dlを超えていたら、病院などの医療機関で再検査を受けて、適切な治療をおすすめします。

尚、痛風ならば高尿酸血症であるため尿酸値が高いのは当然ですが、尿酸値は食事・運動・精神状態によって変動しますし、1日のなかでも明け方は高く夕方は低いという日内変動もあるため、尿酸値を確定するには日を変えて同じ時間に3回くらい検査をして、その平均値を尿酸値として診断します。

尿酸値の正常値(参考)

  • 成人女性:2.4~5.8mg/dL
  • 成人男性:3.8~7.5mg/dL
※血清尿酸値が低いことがあります。1.5mg/dL以下を低尿酸血症と呼び、尿路結石が起こることがあります。

 - 痛風の検査診断

PC用

PC用

  関連記事