痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風の症状の経過と予後

痛風の基礎疾患である高尿酸血症の経過によって、痛風の症状の起き方や合併症の発症や重症度も変わります。未治療のまま放置し続けることで、高尿酸血症・痛風の症状や合併症は悪化の経過をたどります。

痛風発作(急性痛風関節炎)が起こる前段階として、自覚症状がない無症候性高尿酸血症と呼ばれる時期が数年間(5~10年)あります。無症候性高尿酸血症の段階では、尿酸値が高い高尿酸血症が続いても自覚症状がみられませんが、痛風発作が起こらなくとも高尿酸血症・痛風の合併症は徐々に進行しています。この時期に適切な高尿酸血症の治療や生活習慣の改善をせずに過ごしていると、ある日突然関節に激痛が襲います。痛風発作(急性痛風関節炎)です。

痛風の初期症状においては、はっきりとした前駆症状を伴わず、単一関節(足親指の付け根が好発部位)が赤く脹れて、歩行や睡眠を障害するような激痛があります。この痛風発作は1~2週間程で収まるのが一般的ですが、その後も未治療のままでいると再発し、痛風発作を繰り返すようになり、発作症状は強くなり持続時間も徐々に長くなります。更に、この時期に尿酸値のコントロールをしないでいると、発作と発作の間隔が短くなり、最終的には発作が持続する慢性痛風性関節炎と呼ばれる病態になります。

慢性痛風性関節炎の段階では、発作が完全におさまる前に次の発作が起こるようになり、発作を繰り返す関節の変形や骨破壊も起こってきます。発作部位も一箇所だけでないこともあり、痛風結節とよばれるコブ状の塊が関節・筋肉・皮下にできることがあります。

加えて、この時期になると同時進行していた合併症の悪化・慢性化がみられます。痛風腎による腎臓の機能障害の悪化による腎不全や、高尿酸血症・痛風と同様の発症要因を持ち且つ高尿酸血症・痛風に合併しやすい肥満・糖尿病・高脂血症・高血圧が引き起こす動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞などです。

高尿酸血症・痛風の予後としては、早期診断と早期治療によって重症の腎障害は減少傾向にありますが、腎障害の合併頻度自体はあまり減少しておらず、痛風腎による透析を必要とする患者は増加傾向にあります。腎障害が高尿酸血症・痛風の予後に大きく影響する合併症であることに変わりないようです。

 - 痛風の症状

PC用

PC用

  関連記事