痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風の症状が出やすい場所

痛風の症状が出やすい場所があります。痛む場所は、足の指、足首、足の甲、かかと、アキレス腱、膝、手の指の付け根、手首、肘などが上げられますが、痛風の初期症状が起こりやすい場所の約90%が足指関節やその付近の関節です。そして痛風の初期症状としては、痛風発作の約70%以上が足の親指の付け根という特徴があります。

痛風の原因は尿酸です。尿酸は体内で溶けにくい物質で、温度変化でも尿酸の結晶化が起こりやすく、体外に排出されるまで体内に蓄積されやすい性質があります。
このことから、尿酸の結晶が溜まりやすい、つまり痛風発作の起こりやすい場所にはいくつかの特徴があります。「温度(体温)が低い部分」「酸性度の高い部分」「たんぱく質の少ない部分」「よく動かしたり、負担がかかりやすい部分」にあたる関節が痛風の症状が出やすい場所として挙げられます。

尿酸は関節に溜まるだけでなく、痛風結節や腎臓結石(尿路結石)の原因にもなりますから注意が必要です。ただし、痛風の症状には個人差があって、激痛を伴わない痛風発作もあるようです。

今まで全く痛くなかったり、痛みを生じるような思い当たる運動やケガがないのに、関節に痛みがでたら病院で診察を受けることをおすすめします。

 - 痛風の症状

PC用

PC用

  関連記事