痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風の症状の前触れ前兆

痛風の症状である痛風発作(痛み)は、足の親指の付け根の関節に起こることが多いのですが、激しい痛みの痛風発作が起こる何日も前から、痛風の前触れともいえる前兆症状を自覚することがあります。

痛風発作の経験者ほど前兆症状を自覚しやすいといわれています。痛風の前触れともいえる前兆症状として「患部がムズムズする」とか「なんとなく痛い」といった症状を自覚することがあります。「ピリピリする」「ザワザワする」「違和感がある」「普段感じない鈍痛がある」といった前兆症状を訴える痛風患者もいます。

痛風の薬治療では、痛風の前兆期・発作期・消退期・間欠期の各段階の病状に応じて目的が違う薬剤が処方されます。
痛風の前兆期の薬として、痛風発作を予防または軽減する目的で使う薬があります。痛風の前触れである前兆症状をはっきり自覚できたときに服用する薬で、あくまでも痛風発作を抑える薬であって、尿酸値を下げる働きはありません。

 - 痛風の症状

PC用

PC用

  関連記事