痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風腎の原因症状治療

痛風腎とは、高尿酸血症・痛風で併発する腎臓病です。痛風腎の進行は慢性間質性腎炎を呈し、慢性腎不全の原因になります。慢性腎不全は、腎臓機能が低下して尿毒症の症状があらわれたり腎性貧血が進行すると人工透析が必要になる厄介な病気です。

尿酸値が高い状態が続くのが高尿酸血症です。足親指の付け根部分や足首・膝関節に尿酸塩の結晶が溜まって炎症を起こして、激しい痛みを伴う痛風発作と呼ばれる症状があるのが痛風です。尿酸値をコントロールしないで高尿酸血症・痛風を放置すると慢性関節炎をおこし、更には腎臓障害(痛風腎)の原因になります。

尿酸値が高くなって、血液中に尿酸塩結晶が生じて沈着しやすいのが関節なのですが、次に沈着しやすいのが腎臓です。腎臓に沈着蓄積して炎症(間質性腎炎)が起こると腎臓の機能が低下して痛風腎になります。痛風腎になって過剰な尿酸によって生じる腎臓結石・尿路結石も腎臓の働きを低下させる原因になります。

痛風腎は高尿酸血症・痛風の合併症としては重症の病気ですが、近年の痛風腎の治療法の進歩のおかげで、腎不全から尿毒症になって死亡する人は減少しているといわれています。痛風腎の予防は、高尿酸血症・痛風の予防です。自覚症状がなくても尿酸値が高くなっていることがあります。

特に尿酸値が高くなりやすい人は、定期健診の他に定期的な検査を受けて尿酸値を確認することが望ましいです。痛風腎の治療としては、尿酸値のコントロールが第一で、尿が酸性の状態では尿酸が結晶化しやすいため、尿をアルカリ化することも治療法として有効とされています。

 - 痛風の合併症

PC用

PC用

  関連記事