痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風で併発する病気

高尿酸血症・痛風は関節だけの病気ではなく、複雑な病気です。高尿酸血症・痛風に併発する病気には、尿酸が直接的な原因になって起こる関節炎・腎障害・尿路結石と、高尿酸血症を起こす要因(過食・運動不足・美食など)と同様の要因によって起こる肥満・脂質異常症(特に中性脂肪の高いタイプ)・糖尿病といった生活習慣病の合併症である動脈硬化、高血圧症、虚血性心疾患や脳血管障害などがあります。

高尿酸血症・痛風を放置して尿酸値が高い状態が続くと、痛風関節炎(痛風発作)が頻発して慢性関節炎に進行します。また、慢性間質性腎炎(痛風腎)の併発や尿路結石が高い確率で合併症として現われることになります。

メタボリックシンドロームの根底にある内臓脂肪の蓄積は、尿酸の産生を亢進したり、インスリン抵抗性によって腎臓における尿酸排泄を低下させるとされ、痛風腎の発症や進行に関わっています。また、高尿酸血症そのものが虚血性心疾患や脳血管障害の独立した危険因子といわれていす。

このように、痛風で怖いのは突然の激痛発作だけではありません。高尿酸血症・痛風の患者はいくつもの合併症に注意する必要があります。痛風と診断されたら合併症がないかどうか、病院でチェックしてもらうのがよいです。
高尿酸血症だけならば、殆ど心配しなくともよいようですが、高尿酸血症に加えて他の症状があるならば、適切な治療や生活習慣の改善が強く望まれます。高尿酸血症・痛風は体からの危険を知らせるサインです。

 - 痛風の合併症

PC用

PC用

  関連記事