痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風を起こす薬の副作用

薬の副作用として二次的に高尿酸血症・痛風が引き起こされることがあります。続発性(二次性)高尿酸血症が長期間続けば痛風(二次性痛風)になるリスクが高まります。

薬の副作用が原因ならば、薬剤の中止や減量が重要になります。痛風発作は尿酸降下療法の開始時にも起こることがあります。

二次性痛風は全痛風症例中の約5%を占めるといわれています。二次性高尿酸血症・痛風の原因になる薬には、利尿薬や喘息薬などがあります。サイアザイド系降圧利尿薬、ループ利尿薬、喘息治療薬、結核治療薬、高脂血症薬、パーキンソン病薬などの薬剤の中には、尿酸値を上昇させるものがあります。

薬剤ではありませんが、DNA・RNAといった核酸を大量に含む健康食品にも尿酸値を上げる働きがあり、毎日食べ続けると尿酸値が高くなることがあります。

 - 痛風の原因

PC用

PC用

  関連記事