痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風とビールなどの飲酒

高尿酸血症・痛風になると飲酒量を抑え、アルコール(お酒)の中でも特にビールを控えるように指導されます。飲酒が高尿酸血症・痛風の原因とされる理由は、アルコール自体が持つ尿酸値を上昇させる作用と、アルコールが含有しているはプリン体です。

アルコール(お酒)を飲むと一時的に尿酸値が上昇します。アルコールが代謝される過程で尿酸が産生されます。また、アルコールが肝臓で代謝する過程で乳酸が増加すると、腎臓から尿酸が排泄されるのを妨げます。その結果、尿酸が体内に蓄積されて尿酸値が上昇します。このアルコール自体が持つ作用により、高尿酸血症・痛風の治療では、酒類に関係なく飲酒量を減らすように飲酒制限の指導がされます。

アルコール飲料には多かれ少なかれプリン体が含まれていることも、飲酒が高尿酸血症・痛風の原因とされる理由です。プリン体含有量はアルコール(お酒)の種類にもよりますが、麦芽を使ったビールに最も多くプリン体が含まれます。ビールのプリン体含有量は他食品と比べて必ずしも高くないのに、とりわけビールが取り上げられる理由としては、アルコール自体が持つ尿酸産生の働きの影響や、酒類の中で比較的多く含むプリン体の影響だけでなく、利尿作用による水分量の低下で尿酸値が上がることや、他の酒類に比べて高エネルギーであることの影響などが考えられます。

※アルコールは、運動と同様に体内のエネルギー源であるアデノシン3リン酸(ATP)という物質の消費を促し、尿酸ができます。アルコールは、肝臓でアセトアルデヒドから酢酸を経て、二酸化炭素と水に分解されます。その酢酸の分解のときに、ATPが消費されて尿酸ができます。

 - 痛風の原因

PC用

PC用

  関連記事