痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

プリン体とは

プリン体とは、遺伝子情報を担う核酸を構成する物質のひとつであるだけでなく、筋肉を動かすときのエネルギー伝達物質の元になる物質でもあり、身体にとって非常に重要な役割を持っています。ところが、プリン体は、高尿酸血症・痛風の原因になる尿酸の原料にもなります。

プリン体は、食事やビールといった身体の外部からの摂取、また細胞の代謝や激しい運動などにより体内で産生されます。通常、体内のプリン体は肝臓で代謝されて尿酸になり、この尿酸は腎臓でろ過されて老廃物として体外に排泄されることで、体内の尿酸は一定量に保たれています。
ですが、体内で産生されるプリン体や尿酸代謝や排出の能力には個人差があります。プリン体を多く摂っても尿酸値が上がらない人がいる一方で、ちょっと多く摂っただけでも尿酸値が上がってしまう人もいます。

プリン体はあらゆる生物の細胞に含まれているため、殆どの食品や一部アルコール飲料に含まれています。
細胞数が多いものにプリン体が多く含まれています。レバー・モツなどの内臓、アンキモ・イクラ・シラコなどの魚の卵巣・精巣などは細胞数が多い食べ物です。魚の干物は乾燥されることで細胞が凝縮されていているだけでなく、内蔵も丸ごと食べることになりますから、尿酸値が高い高尿酸血症・痛風の人にとっては注意が必要な食べ物といえます。
アルコール飲料の中でもビールにプリン体が多く含まれているといわれています。麦芽にプリン体が多く含まれているためです。

 - 痛風の原因

PC用

PC用

  関連記事