痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

尿酸とは

高尿酸血症・痛風の原因になる尿酸とは、体内で作られたり体外から摂りいれたプリン体が肝臓で分解されてできる最終代謝産物です。尿酸は体内を循環し、腎臓で老廃物としてろ過されて尿として排出されます。

尿酸は全ての人の体内にあって、通常一定量に保たれています。ところが、尿酸は血液に溶けにくく、何かしらの原因によって尿酸の産出が多くなったり排泄が低下することで、血液中の尿酸濃度が高くなって飽和濃度を越えると、血液に溶けきらない尿酸はナトリウムと塩を作って尿酸塩になって体内に蓄積されていきます。これが痛風の基礎疾患の高尿酸血症で、この尿酸が過剰な状態の高尿酸血症が続くと痛風発作を引き起こす原因になります。

痛風発作は、関節に沈着した尿酸塩の結晶に対して白血球が攻撃して炎症反応が起こることによります。尿酸塩が関節に溜まれば痛風発作の激痛の原因になりますが、尿酸塩は他の臓器、特に腎臓には尿酸が溜まりやすいですから、発作がある人は痛風腎や腎臓結石といった腎機能障害を合併しやすいので注意が必要です。

尿酸が過剰に蓄積される原因は、肥満・ストレス・過剰なプリン体摂取・遺伝などです。
「痛風発作の激痛は重篤な病気予防を促がす警告」と捉えて、真剣に高尿酸血症・痛風の治療に取組むことが必要です。

※尿酸にも抗酸化物質(スカベンジャー)としての働きがあることが分かっています。尿酸はビタミンC(アスコルビン酸)よりも強力な抗酸化物質(スカベンジャー)で、体内に一定量存在することには大きな意義があるとされています。

※プリン体には種類が多くあり、尿酸はプリン体のひとつで、炭素・窒素・酸素・水素の分子で構成される化学物質です。

 - 痛風の原因

PC用

PC用

  関連記事