痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風が男性に多い理由

痛風患者の9割以上が男性と、痛風は男性に圧倒的に多い病気です。痛風が男性に多い理由はあきらかです。痛風の原因は尿酸で、一般的に尿酸の血清尿酸値(血液中の濃度)が女性では男性より低いからです。この男女差の原因は女性ホルモンです。女性ホルモンは腎臓に尿酸の排泄を促がす働きがあるため、尿酸値が低く維持されます。

加えて、痛風発作が起こるのは、血清尿酸値が7.0mg/dLを越える状態の高尿酸血症が数年間以上続いてからです。そのため、男性では、1.5mg/dL上昇すればこの尿酸値に達しますが、女性がこの尿酸値に達するには3.0mg/dL尿酸値の上昇が必要になります。

このように高尿酸血症や痛風を発症するメカニズムにより、男性は容易に高尿酸血症になり痛風にもなりやすく、女性はなかなか高尿酸血症ならず痛風にもなりにくいのです。ただし、女性も更年期を過ぎた頃から尿酸値の上昇がみられるようになり、男女の尿酸値の差は小さくなって、女性も高尿酸血症や痛風を発症しやすくなります。

因みに、痛風の合併症に尿路結石がありますが、男性ホルモンは結石の成分になりやすいシュウ酸を増やすのに対して、女性ホルモンは結石ができにくくするクエン酸を増やす働きがあると考えられます。

 - 痛風とは

PC用

PC用

  関連記事