痛風情報館

痛風・高尿酸血症の初期症状・原因・食事治療などの情報で、高尿酸血症を改善し痛風を予防しましょう

痛風になりやすい人

高尿酸血症や痛風になりやすい人のタイプがあるようです。血液中の尿酸値は男女で違いますし、年齢や人種でも違います。高尿酸血症や痛風は、食事やアルコールといった生活習慣や社会的環境に影響されます。

高尿酸血症や痛風にになりやすい人のタイプは、過食・美食・早食い、肥満、アルコールの飲み過ぎ、ストレスが多い、といった環境的素因をいくつも持つ人です。
これらの環境的素因に加えて、両親や兄弟姉妹などの血縁者に痛風患者がいる場合は、痛風を発症する確率が高くなります。痛風患者のおよそ40%がこのケースに該当します。これは遺伝的に尿酸値が上がりやすい体質を持っていることを指しています。

活動的で精力的な性格の男性(特に30~50歳代)は、高尿酸血症や痛風になりやすい性格の人といわれたりしますが、科学的根拠はありません。高尿酸血症や痛風になりやすい性格があるというよりも、たまたま、このような性格の人の生活習慣などが高尿酸血症や痛風になりやすい環境的素因に多く当てはまるからと考えられます。

激しい運動・脱水・急激な減量は尿酸値を急上昇させて痛風発作の引き金になることもありますし、高血圧治療薬(利尿薬)や高脂血症治療薬など、薬の種類によっては尿酸値を上げることもあります。
高尿酸血症や痛風は血液中の尿酸の濃度が高くなっている状態です。水分を取らずにいれば、尿酸の量に対して水分が減る、つまり尿酸値が上昇します。普段尿酸値が正常値内の人であっても、水分摂取を怠ると痛風を発症する危険があります。

いずれにせよ、多くの高尿酸血症や痛風は、遺伝的素因に環境素因が加わることで発症します。環境的素因が多いほど尿酸値が高くするリスクを高めて高尿酸血症になり、長期間に渡る高尿酸血症は痛風発作を引き起こす原因になります。

もし、高尿酸血症や痛風になりやすい人と同じような生活習慣があり、血縁者に痛風の人がいるならば、早めに生活習慣を改めることをおすすめします。

 - 痛風とは

PC用

PC用

  関連記事